• 櫻井領子

知性の勝利?創造性の危機?

興味深い動画をバイオラ大学ピアノ教育学講師の河村まゆみ先生の訳して頂きました
人間には知性と創造性がバランスよく必要というお話です。

いろんな経験や体験を積んで心豊かな子に育ってほしいですね。

ピアノを演奏する上で表現力は大切ですね。
いろんな経験や体験を通じて
心が育まれ、それが創造力に繋がるのではないでしょうか?

以下、動画の訳です↓



ルイス・ターマンはアメリカの著名な心理 学者で、IQ の力を信じていました。
IQ が高ければ人は将来成功すると思っていました。
の証明のために、彼は(サンフランシスコ近辺の)優秀な子供を学校の先生達に
推薦してもら い IQ テストをして、その成績が 135 以上の子供達の追跡調査を
生涯にわたって行いました。 
その殆どの子供達は後に収入が平均以上、健康であり、社会的な成功者と言える
大人になり ました。
しかし、IQ 値が 135 に満たなくて選ばれなかった子供達の中から
 2 人のノーベル賞受賞者が出たのです。
ウィリアム・ショックレーとルイス・アルヴァレズです。
二人とも ノーベル物理学賞を受賞しました。
このことから、大いなる成功は IQ だけによるのではな いことが分かりました。
もし私達が IQ の高さだけで人を選ぶと、革新的で新しい発見がで きる人を除くことになります。
知性と創造性は別の物で違う働きをします。
 
 
アインシュタイン博士が、「イマジネーションは知識より重要である」と言っています。
それは後の研究結果でも明らかになっています。
 
カリフォルニア大学の研究者がいくつかの発見をしました。
(1)自分の専門分野で自分なりの創造性を発揮してその分野に影響力を与えるまで 10 年はかかる。
(2)創造力は学校での勉強の結果より、学校外の教育や知識が関わっ ている。
 
最後に
Alla Gubenko氏から
AI は子供のようには創造的ではありません。アイデアを生み出す力は私達人間にできる特別の能力です。
この能力の価値を、人間と機械との共同文明の中で 持ち続けていくべきです。

17回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示